二次診断 / 用語集

  • お問い合わせ

お急ぎの場合はこちらまでお電話ください。028-645-0607【受付時間(平日)】9:00〜18:00

耐震関係 用語集

  1. トップページ
  2. 用語集
  3. 二次診断

二次診断


主に柱、壁の強さと粘りのチェック。

 

梁は考慮しない診断方法である。 設計図面が残っていることが前提である。

各階の柱と壁のコンクリートと鉄筋の寸法から終局耐力を計算して、その階が支えている建物重量と比較する。

その他2種要素、極短柱、下階壁抜け等の検討をする。

 

コンクリートの圧縮強度・中性化等の試験、建物の劣化状態(ひび割れ・漏水・鉄筋錆・コンクリート爆裂)などの調査を行うことが必要である。

 

1次診断より結果の信頼性が高く、公共建築物(学校・庁舎等)で最も多用されている。

この方法が学校等公共施設の診断方法に用いられている。またこの方法で補強を行った建物は、近年の新潟県中部地震などでも被害があまり報告されていない。

耐震無料相談 個人向け 耐震無料相談 法人向け

028-645-0607 何でもお気軽にご相談ください。お見積りは無料です。

▲ページの先頭へ戻る