機能的かつ運営しやすい施設「Simple is the best」本澤建築設計事務所の施設設計サービス

  • お問い合わせ

お急ぎの場合はこちらまでお電話ください。028-645-0607【受付時間(平日)】9:00〜18:00

医療施設設計サービス 機能的かつ運営しやすい施設「Simple is the best」
  1. トップページ
  2. サービス案内
  3. 医療施設設計サービス

医療施設設計サービスが選ばれる6つの特徴

法人様と理念や思いの共有

施設運営の法人様や診療や事務に付かれるスタッフの皆様と、経営理念や運営方針など様々な情報の共有を行います。 それらを基本設計に反映させ、何度も打合せを重ね、求められる施設へと具現化させます。

その地域に必要となる病院

施設が求められる地域には、環境や風景など土地特有の条件があります。それらを壊してしまっては、病院が地域に溶け込むことはできません。 ハード面からも建物配置計画や外観のイメージなどは勿論、駐車スペース、建物へのアプローチなど、さまざまな角度から、その土地にふさわしい計画を見出し、地域に親しまれる病院を目指します。

ご利用者が、安らぎ元気になれる空間

太陽光の取り入れや、自然の風が吹き抜ける空間を演出し、体調を壊され元気のない患者様に少しでも晴れやかな気持ちになれる空間を演出します。

診療しやすい空間つくり

専門診療科に必要な医療機器を把握し、空間及び平面構成を提案及び検証を行い、設置位置や照明や空調吹き出しなど、細かな個所まで配慮して計画を行います。

また、患者様の気持ちを考慮しプライバシーの確保も十分検証します。ただし、医院運営側として、バックヤードなどの部分との動線分離、お互いのプライバシーを保てるよう視認性についても細やかに計画します。

建設に伴う建設コストの管理徹底

病院建設時に様々な要素を盛りいれ計画を進めますが、事業資金が潤沢にあるものではありません。補助金等もこのような時世でありますから、事業費全体に占める割合も少なくなっております。

建設初期コストを押させてた計画は勿論のこと、将来にわたるランニングコストも見据えて設計を行います。また、工事が進んで変更等が発生した場合も増減確認を行い、途中からのコスト増額を防ぎます。

維持管理相談窓口

建物の引き渡しが終わり、実際に利用はじめますと、電気や給排水など見えない部分のイレギュラーが発生することがあります。また、経年劣化により不具合の発生が出てきます。その様な時はその報告を頂くことで、建物の維持管理の相談もいただければ、適切なアドバイスや業者紹介をいたします。

医療施設設計サービスの事例紹介

事例1 下館中央クリニック

事例写真 下館中央クリニック


事例2 武田内科クリニック

事例写真 武田内科クリニック


サービスの流れ

木造、コンクリート造、鉄骨造と構造により若干変化しますが、おおむね以下の通りとなります。
※各項目をクリックすると、詳細がご覧いただけます。

1.お問い合わせ・予備調査   クリック

1-1. 初回打合せでご要望確認
・企画調査:規模、用途、資金計画(公的資金の活用含む)
・開所に向けた全体スケジュール
・聞き取り調査

1-2. 企画立案
・類似施設の比較検討、関係行政庁との協議含む

1-3. 企画打合せ
・企画提案資料の説明
・双方の様々な意見等からの検証
・数回打合せが必要

1-4. お見積もり

1-5. 設計監理業務のご契約【重要事項のご説明】
・重要事項のご説明

1-6. 基本設計
・平面・立面図・一般図・外観図等の説明、構造計画
・計画の詳細、各種法律との確認
・地盤調査

1-7. 実施設計
・各種図面、特記仕様書、家具図、建具図、部分詳細図等の作成

1-8. 確認申請図書の作成

2.工事発注          クリック

・工事発注方式の検討
・見積要綱書作成
・入札業者の選定及び決定
・工事費見積依頼
・見積工事費のチェック
・工事請負会社との契約

3.施工            クリック

・工事監理
・工事着手時提出書類のチェック
・工事監理方針の伝達
・工事工程の助言
・各工種施工計画書のチェック及び承認
・各種品質管理
・追加変更工事が発生した場合、施主への報告、変更に係る工事費増減のチェック
・竣工引渡し時の時検査立会い
・最終工事費増減精査

4.引き渡し後         クリック

・通年経過による建物点検等を行い瑕疵による不具合確認
・適宜、建物に関するご相談窓口



耐震診断・耐震補強で不安解消

028-645-0607 何でもお気軽にご相談ください。お見積りは無料です。

▲ページの先頭へ戻る