安心な家づくり。建物の安心、お金の安心、人間関係の安心、将来の安心。そしてさまざまな「思い、想い、憶い」の具現化

  • お問い合わせ

お急ぎの場合はこちらまでお電話ください。028-645-0607【受付時間(平日)】9:00〜18:00

さまざまな「思い、想い、憶い」の具現化
  1. トップページ
  2. サービス案内
  3. 住宅設計サービス

安心な家づくり、本澤建築設計の住宅設計サービス

まずは、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。
お会いして、どのような家づくりを希望されているのかなど、いろいろとお話しを聞かせてください。

その中で出てくる、さまざまな「思い、想い、憶い」や要素を具現化しまして、ご提案させていただきます。 土地使用計画や平面プランについては無料でご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

その後、建物規模やグレードが決まりましたら、資金計画や設計監理費の提案をさせていただき、承認いただければご契約させていただき、 家つくりのパートナーとして企画設計から、施工会社の選定・契約のお手伝い、建物が着工しましたら、工事監理業務をしっかりと行います。 各種品質検査や工事工程の助言、引渡し建物検査立会いを行い、最後まで家つくりに携わります。

引き渡し後、建物は実際に使ってみなければわからないこともあります。 また、建物は10、20年と共に変化していきますので、不具合が発生した際などは、パートナーとして何なりとご相談ください。

オフィス・店舗設計サービスの事例紹介

事例写真 S邸

事例1 S邸

宇都宮市東部に位置する田園風景の中に建つ自然と風土に調和した数寄屋風住宅です。 高さを抑えた平屋建て、切妻屋根は一文字瓦と銅板の腰葺きとすることで軽快さを出しています。深い土庇、聚楽壁などでいつまでも飽きのこない趣のある造りとしています。

外観は数寄屋造りを踏襲していますが、平面では数寄屋部分と現代的な機能を持たせた住居部分で大きく2つに 分かれています。住居部分は東側に集約させ、数寄屋部分では、和室を中心とした一間廊下(広縁)で、庭とのつながりのある贅沢な空間を演出しています。

外構は、明治から大正時代にかけて建てられた2棟の石蔵と、敷地の東西にある樫と金木犀を残しました。この土地の歴史を感じられるよう、それらに囲まれるような建物配置とし、それに溶け込むような庭の造りとなっています。


事例写真 T邸

事例2 T邸

宇都宮市中心部に位置し、閑静な住宅街にある住宅である。鉄骨造3階建て、1階にはオーナーの趣味でビルトインガレージを設けた。 玄関を入ると1階から最上階まで吹き抜ける空間として、鉄骨階段で風と光の通り道となるよう計画した。手摺等で光風を遮らないよう、ロープを編んで手摺のだ代替としている。

2階居室は階段室のガラスブロックからの拡散された光と、南面の大きな開口から差し込む光に、居室全体がつつまれるよう計画した。


事例写真 I邸

事例3 I邸

この建物は、宇都宮市下栗町に建つ住宅である。建設後100年以上経過した伝統的工法で建てられた古民家を、その風情ある面影を残し、かつ、現在の生活スタイルに合うように増改築をした。

御施主様の『長年住み続けた家に、これからも住み続けたい。』と言う思から始まった。既存部分にはなるべく手を加えず、増築部分は、既存部分のイメージを壊さないように計画した。

外観は、古いものを活かして、新しいものに生まれ変わらせる仕上げを施した。増築部分の南側には、リビングから繋がるデッキを設け、家族の新しい団欒の場を演出している。

内部も既存の梁や柱をそのまま利用し、ホールやリビングは、架構を見せて大きな容積を確保し、より開放的な空間になるようにした。 古き良きものを単に取り壊してしまうのではなく、現代に蘇えらせ住み続けることで、後世に歴史や伝統を伝えていけるよう思いを込めた建物である。

サービスの流れ

木造、コンクリート造、鉄骨造と構造により若干変化しますが、おおむね以下の通りとなります。
※各項目をクリックすると、詳細がご覧いただけます。

1.お問い合わせ・予備調査   クリック

1-1. 初回打合せでご要望確認
・企画調査:規模、用途、資金計画(公的資金の活用含む)
・開所に向けた全体スケジュール
・聞き取り調査

1-2. 企画立案
・類似施設の比較検討、関係行政庁との協議含む

1-3. 企画打合せ
・企画提案資料の説明
・双方の様々な意見等からの検証
・数回打合せが必要

1-4. お見積もり
 ご希望があれば、弊社で担当した類似住宅(施設)をご見学いただくことが可能です

1-5. 設計監理業務のご契約【重要事項のご説明】
・重要事項のご説明

1-6. 基本設計
・平面・立面図・一般図・外観図等の説明、構造計画
・計画の詳細、各種法律との確認
・地盤調査

1-7. 実施設計
・各種図面、特記仕様書、家具図、建具図、部分詳細図等の作成

1-8. 確認申請図書の作成

2.工事発注          クリック

・工事発注方式の検討
・見積要綱書作成
・入札業者の選定及び決定
・工事費見積依頼
・見積工事費のチェック
・工事請負会社との契約

3.施工            クリック

・工事監理
・工事着手時提出書類のチェック
・工事監理方針の伝達
・工事工程の助言
・各工種施工計画書のチェック及び承認
・各種品質管理
・追加変更工事が発生した場合、施主への報告、変更に係る工事費増減のチェック
・竣工引渡し時の時検査立会い
・最終工事費増減精査

4.引き渡し後         クリック

・通年経過による建物点検等を行い瑕疵による不具合確認
・適宜、建物に関するご相談窓口



耐震診断・耐震補強で不安解消

028-645-0607 何でもお気軽にご相談ください。お見積りは無料です。

▲ページの先頭へ戻る