安全性の基準 / 用語集

  • お問い合わせ

お急ぎの場合はこちらまでお電話ください。028-645-0607【受付時間(平日)】9:00〜18:00

耐震関係 用語集

  1. トップページ
  2. 用語集
  3. 安全性の基準

安全性の基準


安全の判定基準は、Is≧0.6かつCT・SD値≧0.3となっているが、自治体によって異なり、安全側に1割増のIs≧0.7やIs≧0.8を要求する施主もいるので確認する必要がある。

安全の判定基準

 

一般的に公営住宅には0.6以上、学校施設では0.7以上が求められる。

Is≧0.6の0.6という数字は1968年十勝沖地震(M7.9、震度5)および1978年宮城県沖地震(M7.4、震度5)で中破以上の被害を受けた鉄筋コンクリート造建築物の2次診断の結果を比較した経験から導き出されている。

分布によると震度5程度では、Is値が0.6以上の建物に中破以上の被害が生じていない。また、Is値が0.6を下回るとIs値が低くなるに従って被害を受ける可能性が高くなる。

 

  • Is<0.3またはq<0.5:地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性が高い。
  • 0.3≦Is<0.6または0.5≦q<1.0:地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性がある。
  • Is≧0.6かつq≧1.0:地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性か低い

Is値

 

Is値とはSeismic Index of Structure:耐震指標 の略称である。

Is= Eo x SD x T 

 

Eo:保有性能基本指標(建物が保有している基本的な耐震性能を表す指標)

=C (強度の指標) × F (粘り強さの指標)

 

SD:形状指標(平面・立面形状の非整形性を考慮する指標) 1.0 を基準として、建物形状や耐震壁の配置バランスが悪いほど数値 が小さくなる

 

T:経年指標(経年劣化を考慮する指標)

 

CT・SD値

 

CT・SD値とは、鉄筋コンクリート造が主な構造の建物が持っている、地震による水平方向の力に対して対応する強さをいう。

学校施設では0.3を超えることとされている。

 

q値

 

q値とは、鉄骨造が主な構造の建物が持っている、地震による水平方向の力に対して対応する強さをいう。

学校施設では1.0以上に補強するよう求められている

耐震無料相談 個人向け 耐震無料相談 法人向け

028-645-0607 何でもお気軽にご相談ください。お見積りは無料です。

▲ページの先頭へ戻る